ごあいさつ

限りなきチャレンジ 小さくともキラリと光るものを求めて ■規模は小さくともキラリと光る企業でありたい■お客様本位に徹し、製造業の名に恥じない企業でありたい■企業は永遠であり、永遠であるために常に先見性をもつ企業でありたい■私たちがその生活を託するに値する企業でありたい 木虎誠二 写真

私たちは、創業以来「小さくともキラリと光る企業」を目標に、小型特殊モータの専業メーカーとして今日まで努力して参りました。

現在、私どもを取りまく産業社会においては、国境を越えたM&Aが本格化する時代を迎え、国内外とも競争力を持って生き残る必要があります。


当社と致しましても、従来の製品に固守することなく、「新しいお客様」の開拓、そして、お客様のニーズに基づく「新しいモータ」の開発に更に全力を傾けて参ります。

今後とも、社内の生産、品質、納期の充実を図ると共に、人材と技術の有効活用を常に念頭に置き、お客様に役立つモータづくりに研鑽努力して参ります。

今後とも、より一層のご愛顧、ご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

代表取締役 木虎誠二

▲ページトップへ戻る